About Ayuruveda



3000年以上も前にインドのリシ(rsi)と呼ばれる聖者達がYOGAで意識の最高状態に達してアーユルヴェーダの概念を考えだした、今もインド・スリランカで大切に受け継がれている世界最古の伝承医学です。


世界保健機構で世界三大医学の伝承医学として正式に承認されています。 アーユルヴェーダは病気の治療だけを主に見るのではなく、持って生まれた体質や身体や心の状態などその人、一人ひとりの個性を大切にする予防医学です。


アーユルヴェーダでは"人生を楽しみ幸福である"ことはもっとも大切な事だと考えられており、食事のとり方生活習慣心のありかた行動呼吸法運動持って生まれた体質に合わせた生活法なども示されている"人がいかに健康に幸せに生きるのか"を示した「生きていく智慧」の宝庫です。 健康な人の健康を維持増進させ、病の人の病気を穏和し、精神的にも肉体的にも健康を保ち若々しく人生を自分らしく生き生きと楽しみ寿命を全うする事を目的としています。


アーユルヴェーダは8部門あり、日本でアーユルヴェーダというとアビヤンガ(オイルマッサージ)やシロダーラ(額にオイルを垂らす施術法)などのアーユルヴェーダ・テラピーが良く知られていますが、当サロンが行うアーユルヴェーダ・テラピーは8部門の中の強壮法科の浄化法の1つです。 

薬草オイルを身体に浸透させる事で心身に溜まったアーマ(毒素・未消化物)を遊離させ、汗や老廃物と一緒に毒素を体外へ排出します。独特な施術法は一種の瞑想状態へと導き心と身体がリラックスします。不要なものを排出し、静けさの中に身を置く事で、自分の内側に意識が向き心と身体が結びつき本来の自分(魂)と繋がれると考えられています。



※アーユルヴェーダでは人間の身体や宇宙に存在する全てのものは 「空・風・火・水・地」の5つの元素を基に構成されていると考えられています。身体を作る3つのエネルギーをトリードーシャといい、ヴァータ・ピッタ・カパ。心を作る3つのエネルギーをトリグナといいサットヴァ・ラジャス・タマス。トリードーシャはバランスを保つ事、トリグナはサットヴァを増やすことで心身の健康を保つとされています。本来、生き物にはバランスを取り健康を維持しようとする力が備わっていますが、食事や生活習慣の乱れ疲労ストレス化学物質の摂取などで心身にアーマ(毒素)が蓄積されドーシャのバランスを崩しサットヴァオージャスが減少「心」と「身体」の健康が害されると考えられています。










プラクリティとヴィクリティ


持って生まれた体質(プラクリティ)があるとされており、プラクリティは生涯変わらないとされています。

プラクリティはトリードーシャのヴァータ・ピッタ・カパで形成されておりヴァータが優勢な人、ピッタとカパが優勢な人など持って生まれたプラクリティは人それぞれで様々なバランスで形成されています。

体格、食べ物や様々な趣向、体調の変化、かかりやすい病気の傾向、気性などはプラクリティのバランスによって形成されていると考えられています。

プラクリティに合わない生活や食べ物の摂取、ストレス、生活習慣・食生活の乱れ、季節や時間によって等で持って生まれたプラクリティ(ドーシャバランス)を崩すことをヴィクリティと言います。


・アーユルヴェーダの強壮法科の1つ浄化法は持って生まれたプラクリティを見極め、ヴィクリティの乱れを確認し、増悪したドーシャを鎮静させプラクリティに戻すことが対処法の1つです。

・またカウンセリングや脈診でドーシャの増悪や乱れを考察しそれにあったトリートメントを行うことで増悪したドーシャを鎮静させバランスと整えます。

・もし乱れている状態のドーシャバランスを見て自分のプラクリティ(ドーシャタイプ)だと感じている場合はプラクリティへ戻す対処法の向かう先が違ってしまったり、自分のプラクリティに合う食事や生活習慣を見極め違える場合があるので自分のプラクリティを見極めることは大切です。